170210 「デジタルタイムズ」自然癒着二重まぶた手術で傷跡のない自然な目の整形可能 – 韓国ST美容整形外科 – くま治療専門
マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

170210 「デジタルタイムズ」自然癒着二重まぶた手術で傷跡のない自然な目の整形可能

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2017-06-14 15:36
閲覧数
1029


“外貌も競争力である”という言葉がよく使われるようになって実際にコンプレックスの改善と自信を持つために美容整形手術を受ける傾向がある。


美容整形手術の中でも需要が多い部位の一つは目である。目は人の印象を決めるのに最も大きい比重を占めているからである。比較的に簡単で安全な手術方法である目の整形を通じて効果的に第一印象を改善することができて老若男女を問わず、誰であれ関心が高い。

では、韓国人はなぜ目の整形を通じて印象を改善しようとするのだろうか。その理由はアジア人の特徴的な目の形態にある。殆どのアジア人は瞼の蒙古ヒダがある長い形態の目を持ち、クッキリとした印象ではない。これによって疲れて見えたり、眠たく見える印象を持ちやすい。その故にこれを整形手術を通じて改善しようとするのである。

しかし簡単に思って、軽い気持ちで接近してはいけない。ややもすれば、間違えた手術または過渡な手術が行われた場合、元の目よりもっと否定的な目元になり、再手術をしなければならないケースになるおそれがある。そのため、整形に対する基本的な情報は事前に熟知しておくことが相談の際やその以後にも役に立つ。

目整形は様々な方法があるがナチュラルな整形を望むこの頃、好まれている方法は埋没法と自然癒着法である。2つの方法は傷跡が目立たない形成法で、ナチュラルな結果を得ることができる。

埋没法は糸を瞼に埋没させてラインを作る手術方法で、瞼の脂肪の量が少なく、皮膚が厚くない場合に適合する方法である。最もナチュラルな方法で、多くの人々に好まれているが、綻びる可能性がある方法でもある。

自然癒着二重まぶたの手術は、目を開ける時に使う筋肉を自然に癒着させる方法で二重まぶたを作るため、綻びる可能性が少なく、傷跡が目立たない目の整形方法である。

ただ多様な形成法を熟知していても最も重要なことは二重まぶたの有無、目の長さ、眉間の広さ、目元の形態など様々な事項を考慮しなければならない。また、二重まぶた手術と並行する目頭切開、目尻切開、目つき矯正などの手術も医療陣の診断下に手術が行わなければならない。だから特定の手術法だけにこだわる姿勢は排除すべき姿勢である。若しかすると自分に合わない目の形になるおそれがあるからである。

目の小さな変化だけでイメージは変わるので繊細な部分まで考慮して手術計画を立てなければ満足できる結果を得ることは難しいだろう。それだから個人の顔型と全体的な目鼻立ちとの調和を考慮して自分に似合う二重まぶたのラインを作ることができる病院かどうか必ず直接訪問して相談・確認しなければならない。

基本的に臨床経験とノウハウを持つ病院と医療陣を選択することが大切である。その後、専門医との十分な相談後、手術の計画を立てることが最も望ましい目整形のプロセスと言えるだろう。



(助言: 韓国ST美容整形外科 カン・ヒョンジュ院長)
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea