170217 「デジタルタイムズ」目の下のクマによる暗い印象、面接まで悩みなら’ちゃんと’治療しないと – 韓国ST美容整形外科 – くま治療専門
マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

170217 「デジタルタイムズ」目の下のクマによる暗い印象、面接まで悩みなら’ちゃんと’治療しないと

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2017-06-16 16:22
閲覧数
1010


社会に一歩を踏み出したばかりの新入社員や就職活動をしている人たちが最も一所懸命に準備する時期は3月である。公開採用のシーズンとも言われる3月には目標する韓国内の主要な企業らの上期の新入社員の公開採用が多いからである。これによって筆記や実技試験の準備は言うまでもなく、ベストコンディションを整えるための努力を尽くしている。

履歴書や実技、筆記なども重要だが最も重要なことは面接である。書類を通じて器量を示したとしても、実務者の前で良い印象を与えられなければ合格は難しくなる。その故に面接はもちろん良い印象作りにも努力しなければならない。

芸能人みたいな顔立ちを求めることではない。仕事を成し遂げるという意志と企業に適応できる性格をアピールすることができなければならないという意味である。だから自分の外貌と印象をきちんとチェックしてマイナスになりかねない要素は事前に防止することが良いだろう。

面接で明るくて良い印象を与えるために最も気をつけなければならない部位は目である。目は第一印象を決めるのに重要な役割をするので面接の前日に意欲に燃えて徹夜しながら面接の準備をすることは凹んで元気のない印象を与えるおそれがあるので控えた方が望ましい。

目の下に脂肪が膨らんだり、クマが濃い場合にはこれらによって暗い印象に見え、面接官に疲労で無気力な印象与えるおそれがある。特に目の下の脂肪は最近、ストレスや睡眠不足、生活習慣などで若年層にも多く現れる症状であり、発達すぎるとクマが激しくなり、暗い印象になりやすいので改善した方が良い。

目の下の脂肪は脂肪が突出されたことが原因であり、目の下の脂肪再配置という目の下のクマ手術を通じて改善することができる。膨らんだ目の下を平らに整えて目の下の影を除去する方法である。目の下の奥の結膜部分を切開して手術を行うため、見た目に見える傷跡が無く、手術時間も30分内外で回復の期間が余裕ではない大学生、社会人にも負担が少ない。

目の下に蓄積された脂肪を再配置して涙袋の効果を作り、皮膚の弾力を回復させながら目の下のくぼみ現象、クマまで改善する効果がある。勿論、最も大事なことは全般的なイメージ改善に大きな効果があるということである。その理由で疲れて見える印象を改善するための人々に好まれている。

しかし、簡単な手術だと思うのは禁物である。脂肪再配置が均等に行われなければ目の下の皮膚が凸凹になったり、炎症が発生するおそれがある。だからこのような副作用を防ぎ、完璧なイメージ改善を望んでいれば、手術前に該当事項を必ず繊細に確認しなければならない。

各種の割引イベント、安い費用、誇大広告に惑わされて軽い気持ちで病院を訪れ、手術を容易く決める場合が少なくないが、脂肪再配置手術はデリケートな目元を扱う難易度のある手術で、手術前に病院及び医療陣を慎重に選択し、十分な相談を通じなければ満足できる結果を得ることは難しいだろう。



(助言: 韓国ST美容整形外科 キム・サンテ院長)
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea