マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

180316 「デジタルタイムズ」‘ダブル隔膜強化目の下の脂肪再配置で再発する可能性を下げる’

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2018-04-04 18:00
閲覧数
138
初対面の人と接する時、第一印象はその人のイメージを決める重要な要素である。
その中でも得に目はイメージを大きく左右するパーツである。
目の大きさや二重の有無も重要な役割をするが、最近は暗い印象を与える目の下のクマを改善しようとする人々が増えているという。

目の下のクマを隠すために施術を受けたり美白化粧品を使ったり、またブロッコリー等目のクマに効く食べ物を食べたりするが、
目の下のクマの根本的な解消にはならないしそう簡単には無くならない。
目の下のクマはシワ、たるみ、目袋、陰クマなど混合して発生するが、目の下の脂肪再配置で改善することができる。

手術方法としては内部の脂肪を均等に移動させ、眼窩隔膜と内部の脂肪を一緒に固定させる
ダブル隔膜強化目の下の脂肪再配置で、目の下の複合的な問題を解消する。
この目の下の脂肪再配置方法は従来の方法と比べて再発率が低いという。

さらに手術時間も1時間内外で短い割りにその効果は長持ちする。
特にレーザー目の下の脂肪再配置の場合、皮膚を切開しないため傷跡を残さないし、抜糸も通院も不要で忙しい人々にも人気を集めている。

目の下の脂肪再配置は目のクマの原因別に手術方法が異なるために費用やイベントの広告などに惑わされるより、
手術前に必ず専門医との十分なカウンセリングで改善させたい部分について納得の行く話し合いをすることが必須だ。

(助言: 韓国ST美容整形外科 キム・サンテ院長)


原文リンクはこちら

http://www.dt.co.kr/contents.html?article_no=2018031502109923812019&ref=naver
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea