マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

180418 「スポーツ朝鮮」'目の下の脂肪再配置手術でエージング防止を'

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2018-04-26 14:51
閲覧数
129
現代人たちの平均年齢が段々と増えていくと共に’百歳時代’とも呼ばれている最近。
沢山の方々が口に上げる話題は何より若々しくいられる方法や若返る方法などに目を向くようになって来た。

このような話題は各種の美容製品も’童顔’というサーブタイトルと共に広告をして、’百歳時代’に
似合うような多様な商品が世の中に出ている。だけれど過ぎて行った時間の痕跡を元の戻すことは難しいこと。
多くの人々の童顔に対する関心度が高くなるにつれて、第一に関心を注げる部位は’目’である。

時間の経過につれて目元にはシワや凹み、クマ、目の下の脂肪が膨らんでくる現象のような複合的な老化現象が現れやすくなる。
目の下の脂肪再配置手術がこのような目のエージングを改善させる’童顔整形’で知られている中、その悩みに答えを求める人々から注目を浴びている。

目の下の脂肪再配置の手術方法を見てみると、眼窩隔膜と内部の脂肪袋を共に引っ張って固定し、脂肪を適した所に再配置してあげる
ダブル隔膜強化脂肪再配置で、目の下のクマや目元の弾力、目の下の窪み、そして膨らんでいる目の下の脂肪まで解決してくれる。

それに加え、色素形クマに効果が期待できる微細脂肪移植を共に施術することで
明るい印象も同時に持たせてくれて、より’童顔整形’の効果を得られる。

それに、レーザーでの目の下脂肪再配置、切開式の目の下脂肪再配置のような色んな手術方法が存在するが、
レーザーでの目の下脂肪再配置の場合には直接な皮膚の切開がないため外側からは傷口や傷跡が見えない上で回復が早いというメリットがある。

そのため、童顔整形だけでなく若さを保ちたい若い層にも人気を集めている。
目の下脂肪再配置手術が他の美容整形手術に比べ手術過程が比較的に簡単で
ダウンタウンも短いとのメリットがあるため手術を悩む人々には負担を軽くさせるのだが、
敏感な目元の手術のためより慎重な決断を要する。

しかも手術後には目の下の脂肪が凸凹になったり、凹んで見えたり、
目の下の膨らみとそれによるくっきりした線が目立つなどの副作用などを同伴する場合もありうるので
臨床経験の豊富な医療スタッフと十分な相談をしてから手術を受けることが最も重要だ。

これについてST美容整形外科のキム・サンテ院長は"最近、'童顔整形'というタイトルを前面に押し出した過大性目の下脂肪再配置広告や
安い費用を強調する美容整形病院があるが、広告に惑わされ気早い決断を下さないようにして、
入念に比較してから選択することが最も大事だ。"と助言した。



桜原文リンクはこちら

http://sccdn.chosun.com/news/utype.htm?id=201804190100160740011920&ServiceDate=20180418
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea