マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

180608 「国民日報」目の下の脂肪再配置、中高年層の若さの維持方法

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2018-06-12 16:46
閲覧数
65
人間の平均寿命が伸びていく最近、百歳時代といわれている現代社会の中で若さを維持して自分磨きのため時間と費用を惜しみなく投資する中高年層が増加している。 したがって、童顔とアンチエイジングの対する関心は簡単に消えず、持続的な人気を享受すると見られる。

若さに対する渇望が増えている中高年の間で人気のある整形手術では切開式二重術やフェイスリフト術、額リフト術のようなしわと弾力を同時に改善させることができている童顔整形が主流だが、その中でも地道に需要が増える整形術の一つで目の下の脂肪再配置術を挙げられる。

老化を気にしている中長年層なら、一度は目尻のしわ、ぽっこりと垂れた目の下の脂肪、くまのような問題で悩んだことがあったはずだ。 目元は脂肪が少なく、皮膚の薄いところであるため、顔の中で最も早く老化現象が訪れる所でもあり、このような老化による、時間の痕跡は目の下の脂肪再配置を通じて改善することができる。

最も簡単に訪れる老化現象である目の下の脂肪の原因を見てみると、脂肪を支持している眼窩隔膜が弱まって前に押し出され、膨らみの現象と目の下に溝が生じるのである。
これを改善するためには、単に目の下の脂肪を除去する方法ではなく、眼窩隔膜と内部の脂肪を引いて来て固定し、脂肪を適度に再配置してくれるダブル隔膜強化目の下脂肪再配置で目の下のしわや弾力、凹み、また膨らんだ目の下の脂肪などを改善することができる。

また、肌が薄くて目の下の肌の内側の血管や構造物が透けて見える現象によるくまの場合には脂肪移植を一緒に進行する方式のコンシーラー脂肪移植を通じて改善ができる。

人によって目の下の脂肪の量や構造、または皮膚の厚さや垂れる現象など個々人の特性がそれぞれ異なるだけに、同一の手術方法ではなく、切開、部分切開、レーザー目の下の脂肪再配置など各個人の状態に合ったオーダーメイド目の下の脂肪再配置が施行されなければならない。

レーザーを通じて切開を進行する際は出血やむくみが他の整形手術に比べて少ないため簡単な手術だと考えがちだが、オーダーメイド手術が行われてこそ、患者本人の満足度が高い結果につながるため、病院の選択が重要な部分だ。

ST整形外科(エスティ整形外科)のキム・サンテ院長は"中高年層の場合には高血圧や糖尿などの慢性疾患がある場合もあるので、手術前に服用中の薬や健康など、事前の状態を十分にチェックして、経験が豊富な医療陣の診断と十分な相談後に手術を決めなければならないです。 ですので、老化現象の悩みがある中高年層は特に、誇大広告や安い費用、あるいは無分別なイベントなどに惑わされないよう注意が必要です"と説明した。




原文リンクはこちら

http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0012423978
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea