マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

180302「スポーツ朝鮮」‘春に向けての目の下の脂肪再配置’

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2018-03-27 15:44
閲覧数
133
冬が過ぎ去り、ようやく春がやってきて、ウエディングシーズンが近づいて来る。
結婚を控えている新郎や新婦は結婚式に向けてプチ整形やダウンタイムの短い手術に興味を持つ。
特に新婦は結婚式当日の主人公で一番輝きたいと思うが、会社に通いながら準備をしている方が多いため、ダウンタイムが長いとより負担に感じる。

このような理由でダウンタイムが短く、イメージ変化ができる手術が人気を集めていて、目の下の脂肪再配置も例外ではない。
特に目の下の脂肪再配置は皮膚のたるみがない場合、皮膚を切開することなくレーザー脂肪再配置で目の下のクマを改善することができる。
傷跡の恐れもなく、目袋、くぼみなど改善されてクマで悩んでいる人でも結婚式当日は明るい目元に仕上げることができる新婦から好まれる手術である。

手術方法としては眼窩隔膜と内部の脂肪を再配置し、固定をすることで従来の脂肪再配置と比べ再発率を低めた手術方法だ。
目の下のクマ治療と老化現象まで改善することができる。
短い手術時間に比べその効果が長持ちできて、短いダウンタイムでもイメージ改善の効果があるという特徴がある。

手術前に、自分の目の下の問題点と原因などを正確に把握することが最も重要だが、
目の下の脂肪再配置は原因によって手術方法が異なるために慎重に手術を決めるべきだ。
明るい目元を希望して手術をしたが、むしろ凸凹だったりくぼんだりするなどの副作用もあるからだ。

これに対してST美容整形外科を務めるキム・サンテ院長は‘手術の前に十分なカウンセリングを行われるか、オーダーメイド医療ができるか、
医療陣が豊富な臨床経験とノウハウを持っているのかなどを確認してみる必要がある"と助言した。

(助言: 韓国ST美容整形外科 キム・サンテ院長)

原文リンクはこちら
http://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=201803030100017380001031&servicedate=20180302
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea