目の下のたるみとクマの改善のための
経結膜脱脂法(脂肪再配置)
たるんで暗い目の下の悩みで経結膜脱脂法(脂肪再配置)の手術を希望する方が多いです。
手術を受ける方が多いだけに再手術を受けるケースも多いです。色素沈着、老化の進行、足りない技術力が原因となります。
ST整形外科では1:1ソリューションで正確な患者様の状態を把握します!豊富なノウハウで半永久的な手術効果を出しています。
再手術の対象
CASE 01
脂肪を除去した部位に目袋が残っているケース
CASE 02
手術後、再び目の下が膨らんだケース
CASE 03
脂肪移植やフィラー施術後、
目の下が凸凹なケース
CASE 04
時間の経過によって
目の下のくぼみが高ずるケース
CASE 05
脂肪のふくらみとくぼみが
同時に発生するケース
STの特別な経結膜脱脂法(脂肪再配置)
171010_content_img001
171010_content_img002
既存の 経結膜脱脂法 (脂肪再配置)
中の脂肪だけを平らにして固定
靭帯除去X、再発の可能性高い
凸面が荒い
目袋が残っている
> 膨らんでいる目の下の脂肪を目袋のしたのくぼみのある部位に移動させる方法
STの 経結膜脱脂法 ‐脂肪再配置 (靭帯除去)
脂肪の全体を整えて五ヶ所を固定
(固定力増加)
靭帯除去O、再発の可能性低い
凸面がきれい
目袋が残らない
> 靭帯を除去し、目の下の脂肪と脂肪をくるんでいる眼窩隔膜を移動して固定する方法
Eye Plastic Surgery
STダブル隔膜強化脂肪再配置の特別さ
既存の
目の下

脂肪
再配置
目の下の脂肪袋が突出され
その下の涙溝(ゴルゴ線)ができ、
目の下が凸凹な状態
- 涙溝(ゴルゴ線)の中構造である靭帯を解かずに、靭帯の上の
部分に隔膜を引いて来て再配置
- 骨幕の上の部分が凹んでいる場合は骨幕の上の方に脂肪注入
- 一時的に隔膜が強化され涙溝(ゴルゴ線)が無くなったように見える
隔膜の緊張度が弱まることで、
また目の下の窪みが再発、
凸凹になる再発の可能性が高い
ST
ダブル
隔膜
強化
目の下の脂肪袋が突出され
その下の涙溝(ゴルゴ線)ができ、
目の下が凸凹な状態
涙溝(ゴルゴ線)の中構造である靭帯を解いて、
脂肪袋と隔膜を共に骨幕に固定&強化させる
ダブル隔膜強化を施行
- 必要時骨幕の上の脂肪袋に脂肪注入をしてバランスを整える
- 涙溝の靭帯を解いて、脂肪を五ヶ所に 確実固定することで再発の可能性が低い
メディアでも認定した
ST経結膜脱脂法(脂肪再配置)の優秀な技術力
目の下の脂肪をなくすことは病院ごとに様々な方法の施術&手術があります。
でも目の下の脂肪が再発したり、悪化したりする副作用もあるので専門医の正確な手術が必要です。
170415_content_img034
ST経結膜脱脂法(脂肪再配置)手術技法の論文発表
傷跡なくこっそり効果が必要な方は?
安全で確実な
目の下の経結膜脱脂法
(脂肪再配置)は
ST整形外科
優秀な技術力を保有している
ST整形外科は目の下のくまや多様な類型の
目の下の整形が可能です。
手術後、副作用ができた場合にも
‘目の整形’部分の特別な専門医療技術で
満足な結果を提供しています。
目の下のくま、たるみ、しわ、膨らんだ脂肪、くぼみなど、実年齢より老けて見えることの原因である
目の下の多様な問題点を解決するための経結膜脱脂法(脂肪再配置)。
しかし正確な原因を考えない手術方法や足りない技術力の問題で再手術を受ける方が増えています。
満足な結果を得るためには手術前に
問題点の原因を把握することが最も大事です!
ST整形外科は一貫した手術方法ではありません。
原因に合う整形
高い技術力
長年のノウハウ
原因にあう整形と目の下の脂肪再配置の高い技術力、長年のノウハウで最高の満足感を提供します。
キムサンテ院長の
目の下の脂肪再配置 FAQ
目の下の脂肪再配置に関する
疑問の解決のために
ST整形外科の整形外科専門医の
キムサンテ院長に会いました。
Q 1.
‘目の下の脂肪再配置’は正確にどんな手術ですか?
目の下の脂肪再配置の手術は膨らんだ目の下を平らにして目の下の影をなくす方法です。
以前には単純に脂肪だけを除去する手術または施術が行われました。しかし目の下が凸凹になったり、
寧ろくぼみ過ぎて疲れて見えたりするなどの副作用をおこす色んな短所があり、
最近は目の下の脂肪再配置という手術が行われています。
Q 2.
目の下の脂肪の除去と再配置はどんな違いがありますか?
目の下の脂肪の除去は単純にまぶたの奥側の過渡な脂肪を取る方法で、脂肪再配置は
過渡な脂肪の一部をくぼみのある目の下の骨の上にむらなく再配置する方法で、用語からその違いが分かります。
単純に除去だけした場合には、一時的な効果はありますが、くぼみが高ずったり、
脂肪がまた膨らむ場合もありますので正確な目の下の脂肪再配置を通じて
ふくらみやくぼみなどの問題点を解決しなければなりません。
Q 3.
手術後、再発の可能性はありますか?
はい、あります。
手術しても老化や原因が把握できなかったまま手術を行った場合など、脂肪が再びふくらむ可能性があります。
STではふくらみの原因である靭帯を除去する方法で手術を行います。
これは最初から原因をなくし再発の可能性を下げ、手術の結果を長く維持できる方法です。
Q 4.
目の下の脂肪再配置の手術後、
まぶたのひっくり返しの現象が現れる可能性がありますか?
目の下の皮膚がたるんだ場合はリフティングの効果を与えるために皮膚を切開して手術を行います。
しかし過渡な切開または足りない技術力で手術後、目立つ傷跡やまぶたのひっくり返しの現象が現れるかもしれません。
STでは‘ペンタゴン’という手術法でまぶたのひっくり返しの現象を防止する手術を行っており、
この手術法は既にひっくり返しの現象が現れた患者様の再手術もできます。
Q 5.
手術後、いつ効果が出ますか?。
回復は人によって違いますが、脂肪再配置だけが行われた場合、
1~2週後、腫れとあざが消え、自然な変化が感じられます。
早い方は手術後1週間ぶりにも変化が分かりますが普通は1~2ヶ月にかけて良くなる経過が確認できます。
ST経結膜脱脂法(脂肪再配置)の再手術の長所
01多様な原因の副作用の解決
色素沈着、医者の足りない技術力、
老化などの様々な原因で
現れた問題点が解決できます。
02目の下の弾力効果
たるんだ目の下を改善すると共に
弾力のある目もとになり、
手術後自然な表情の効果もあります。
03くまの改善
目の下の脂肪としわが除去されて影がなくなり、
くまの改善ができます。
04目袋の悩み解決
豊富な経験とノウハウで目袋を残さず、
手術後きれいな目もとになります。
05たるみの改善
ゆるんだしわを除去し、
たるみの改善ができます。
06半永久的の効果
豊富なノウハウと弛まぬ研究、
目の下の組織に対する理解を元に手術を行い、
半永久的の効果があります。
ST経結膜脱脂法(脂肪再配置)の特別な事後管理
3 STEP 再生治療管理
ST整形外科だけの専門的な3STEP再生治療管理を通じて
患者様の手術後の早い回復をお手伝いしています
PRP管理注射
光線治療
レーザートーニング
手術部位を集中管理してあざや腫れを引かし、細胞の活性化と皮膚の弾力を増加させ、
手術の回復を促し、患者様に最高の満足を提供します。
STの満足診療システム
相談から事後管理まで、徹底的なプログラムで患者様に最高の満足を提供します。
1:1専担システム
相談、手術、管理まで
個人に合わせた
手術を行います。
満足な結果
豊富な臨床経験を元に
満足できるような
結果を提供します。
安心ケア管理
院内に専門エステティックを
整えており、
早い回復を支援します。
専門医療陣
長年のノウハウで独自の
手術法を開発、
弛まぬ研究を通じて
最高の結果を提供します。
Before & After
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea