Solution 01
経結膜脱脂法‐脂肪再配置(結膜)
ST整形外科では目の下の脂肪を取る方法で経結膜脱脂法(脂肪再配置)を行っています。
患者様の満足度が高い方法で、結膜の奥をレーザーで施術します。
手術時間
30分~60分
麻酔方法
短期睡眠/局所
入院治療
不要
抜糸
不要
内院治療
不要
回復期間
すぐ可能
手術対象
手術方法
CLINIC HOW TO
01 /
座った状態で黒くてふくらみがある位置を確認します。

02 /
下のまぶたの裏をレーザーで切開し、
脂肪をバランス良く切除、減量します。

03 /
必要な場合、くぼんでいるところに脂肪移植を行います。

04 /
すべての施術過程を終えた後、施術部位を整えます。

STの特別な経結膜脱脂法(脂肪再配置)
171010_content_img001
171010_content_img002
既存の 経結膜脱脂法 (脂肪再配置)
中の脂肪だけを平らにして固定
靭帯除去X、再発の可能性高い
凸面が荒い
目袋が残っている
> 膨らんでいる目の下の脂肪を目袋のしたのくぼみのある部位に移動させる方法
STの 経結膜脱脂法 ‐脂肪再配置 (靭帯除去)
脂肪の全体を整えて五ヶ所を固定
(固定力増加)
靭帯除去O、再発の可能性低い
凸面がきれい
目袋が残らない
> 靭帯を除去し、目の下の脂肪と脂肪をくるんでいる眼窩隔膜を移動して固定する方法
Solution 02
経結膜脱脂法‐脂肪再配置(切開)
目の下の肌と筋肉の弾力がない場合、切開による経結膜脱脂法を行います。
脂肪の一部を除去し、4ヶ所に分け、脂肪を眼球の骨の周りに分散再配置して移動した後、
固定する方法で膨らんだ目の下の脂肪とくぼみ、くま、
たるんだ皮膚と筋肉を解決すると同時に伸びた皮膚も改善できる方法です。
Solution 03
経結膜脱脂法‐脂肪再配置(部分切開)
傷跡が見えない結膜式方法と皮膚と筋肉層のたるみを改善できる切開式方法、
2つの手術法の長所をまとめたST整形外科だけの方法です。
手術時間
1時間~1時間半
麻酔方法
短期睡眠/局所
入院治療
不要
抜糸
5日目
内院治療
1~2回
回復期間
1週間
手術対象
手術方法
CLINIC HOW TO

座った状態で黒くてふくらみがある位置を確認します。


目の下を切開します。


目の下にできた溝のシワ線を解します。

脂肪を目の下に引き下ろして接合します。
目の下の脂肪と目袋を除去したため、
鮮明できれいな目元になります。
ST経結膜脱脂(脂肪再配置)の種類
傷跡なく安全で確実な方法で明るい目の下になります。
1. 結膜
患者様の満足度が高い方法で、結膜の中の部分を通して
レーザー施術を行う安全な経結膜脱脂法(脂肪再配置)です。

2. 切開
眉から2~3mmの下の部分を切開し、
脂肪の除去と再配置をして移動させて固定する方法で、
たるんだ皮膚と筋肉まで改善できる方法です。

3. 部分切開
手術部位を最小限にしながら、確実な効果がある方法です。
切開を小さくして、不要な脂肪除去が可能で、
たるんだ皮膚と筋肉層も改善できます。

4. ペンタゴン(まぶたのひっくり返しの防止、リフティング効果)
真ん中の不要な組織を除去し、
両方の部位を括って縫合するSTだけの効果的な手術法です。
まぶたのひっくり返しの防止またはひっくり返した場合、再建が可能です。
多めの皮膚切開が可能で、より効果的なリフティングができます。

Solution 04
STコンシーラー目の下脂肪移植
目の下皮膚の裏側には数多くの血管や構造物が存在しますが
その血管や構造物が薄い皮膚の外に透けて見えて暗い目の下を作って、クマに見えるのです。

しかし、専門的な細胞処理ノーハウで幹細胞を採取するSTだけの技術力で
フィーラのように微細で、堅固な形の脂肪細胞を抽出してファンデーションを塗ったように、目の下皮膚の裏側を隠してあげる効果があります。
Eye Plastic Surgery
STコンシーラー目の下脂肪移植の長所
STコンシーラー目の下脂肪移植は、超微細脂肪粒子'FAT GEL'をレイヤーことに注入するため
1. 生着率が高いです。 2. 皮膚層がでこぼこになる凝り現象を防止することができます。
3. 皮膚層に均一に脂肪を注入、滑らかな目の下を作ってくれて細かい小ジワ改善、弾力増大の効果があります。
4. 色素クマの改善に効果があります。
180725_content_img057
180725_content_img056
Eye Plastic Surgery
ST微細脂肪分離術
抽出した脂肪を目の下に移植をする場合、
STは4-5段階にわたって沈殿物などを濾過したきれいな微細脂肪で施術するため脂肪エンボッシング現象がなく、
滑らかでソフトな目の下の表現が可能となります。
180725_content_img058
リポキット、
遠心分離機を利用して
純粋な脂肪を抽出します。
リポキッを利用し
血液、麻酔液、油などが
除去された純粋脂肪を得ます。
STの特別な技術で
超微細化作業を4-5回進行させて
精製された脂肪だけを抽出します。
脂肪以外の物質が完璧に
除去されたきれいで
柔らかな微細脂肪を得ます。
Eye Plastic Surgery
STダブル隔膜強化脂肪再配置の特別さ
既存の
目の下

脂肪
再配置
目の下の脂肪袋が突出され
その下の涙溝(ゴルゴ線)ができ、
目の下が凸凹な状態
- 涙溝(ゴルゴ線)の中構造である靭帯を解かずに、靭帯の上の
部分に隔膜を引いて来て再配置
- 骨幕の上の部分が凹んでいる場合は骨幕の上の方に脂肪注入
- 一時的に隔膜が強化され涙溝(ゴルゴ線)が無くなったように見える
隔膜の緊張度が弱まることで、
また目の下の窪みが再発、
凸凹になる再発の可能性が高い
ST
ダブル
隔膜
強化
目の下の脂肪袋が突出され
その下の涙溝(ゴルゴ線)ができ、
目の下が凸凹な状態
涙溝(ゴルゴ線)の中構造である靭帯を解いて、
脂肪袋と隔膜を共に骨幕に固定&強化させる
ダブル隔膜強化を施行
- 必要時骨幕の上の脂肪袋に脂肪注入をしてバランスを整える
- 涙溝の靭帯を解いて、脂肪を五ヶ所に 確実固定することで再発の可能性が低い
ST経結膜脱脂法(脂肪再配置)の長所
170419_content_img021
170419_content_img023
ST高周波 経結膜脱脂法(脂肪再配置)
170419_content_img024
高周波のレーザーで切開及び脂肪除去を行っており、
たるんで暗い目の下を傷跡なしで矯正できます。
また、出血が少ないため回復が早いです。
メディアでも認定した
ST経結膜脱脂法(脂肪再配置)の優秀な技術力
目の下の脂肪をなくすことは病院ごとに様々な方法の施術&手術があります。
でも目の下の脂肪が再発したり、悪化したりする副作用もあるので専門医の正確な手術が必要です。
170415_content_img034
ST経結膜脱脂法(脂肪再配置)手術技法の論文発表
傷跡なくこっそり効果が必要な方は?
安全で確実な
目の下の経結膜脱脂法
(脂肪再配置)は
ST整形外科
優秀な技術力を保有している
ST整形外科は目の下のくまや多様な類型の
目の下の整形が可能です。
手術後、副作用ができた場合にも
‘目の整形’部分の特別な専門医療技術で
満足な結果を提供しています。
キムサンテ院長の
目の下の脂肪再配置 FAQ
目の下の脂肪再配置に関する
疑問の解決のために
ST整形外科の整形外科専門医の
キムサンテ院長に会いました。
Q 1.
‘目の下の脂肪再配置’は正確にどんな手術ですか?
目の下の脂肪再配置の手術は膨らんだ目の下を平らにして目の下の影をなくす方法です。
以前には単純に脂肪だけを除去する手術または施術が行われました。しかし目の下が凸凹になったり、
寧ろくぼみ過ぎて疲れて見えたりするなどの副作用をおこす色んな短所があり、
最近は目の下の脂肪再配置という手術が行われています。
Q 2.
目の下の脂肪の除去と再配置はどんな違いがありますか?
目の下の脂肪の除去は単純にまぶたの奥側の過渡な脂肪を取る方法で、脂肪再配置は
過渡な脂肪の一部をくぼみのある目の下の骨の上にむらなく再配置する方法で、用語からその違いが分かります。
単純に除去だけした場合には、一時的な効果はありますが、くぼみが高ずったり、
脂肪がまた膨らむ場合もありますので正確な目の下の脂肪再配置を通じて
ふくらみやくぼみなどの問題点を解決しなければなりません。
Q 3.
手術後、再発の可能性はありますか?
はい、あります。
手術しても老化や原因が把握できなかったまま手術を行った場合など、脂肪が再びふくらむ可能性があります。
STではふくらみの原因である靭帯を除去する方法で手術を行います。
これは最初から原因をなくし再発の可能性を下げ、手術の結果を長く維持できる方法です。
Q 4.
目の下の脂肪再配置の手術後、
まぶたのひっくり返しの現象が現れる可能性がありますか?
目の下の皮膚がたるんだ場合はリフティングの効果を与えるために皮膚を切開して手術を行います。
しかし過渡な切開または足りない技術力で手術後、目立つ傷跡やまぶたのひっくり返しの現象が現れるかもしれません。
STでは‘ペンタゴン’という手術法でまぶたのひっくり返しの現象を防止する手術を行っており、
この手術法は既にひっくり返しの現象が現れた患者様の再手術もできます。
Q 5.
手術後、いつ効果が出ますか?。
回復は人によって違いますが、脂肪再配置だけが行われた場合、
1~2週後、腫れとあざが消え、自然な変化が感じられます。
早い方は手術後1週間ぶりにも変化が分かりますが普通は1~2ヶ月にかけて良くなる経過が確認できます。
ST経結膜脱脂法(脂肪再配置)の特別な事後管理
3 STEP 再生治療管理
ST整形外科だけの専門的な3STEP再生治療管理を通じて
患者様の手術後の早い回復をお手伝いしています
PRP管理注射
光線治療
レーザートーニング
手術部位を集中管理してあざや腫れを引かし、細胞の活性化と皮膚の弾力を増加させ、
手術の回復を促し、患者様に最高の満足を提供します。
経結膜脱脂法(脂肪再配置)と共に受けると良い
STスペシャルアンチエイジング
01. しわ、弾力改善プログラム
老化が最も早い目元と共に顔の中顔面、下顔面の皮膚の弾力を改善できるSTだけのソリューション。
共に受けると効果を極大化させるアンチエイジング。
経結膜脱脂法(脂肪再配置)+dermotoxin
簡単な施術/Vラインの効果/しわの改善
スキンボトックスであるdermotoxinは
目元だけでなく顔の全体に分けて注入が可能です。
切開や回復期間が不要な簡単な注射施術で、
しわや毛穴の改善などの効果を得られます。

経結膜脱脂法(脂肪再配置)+ウルセラ
しわの改善/毛穴の改善/効果的なタイトニング
ウルセラはFDAの承認を受けたリフティングで
高度の超音波を通じて皮膚の損傷なく
筋肉層に作用してたるんだ皮膚を引っ張ります。
経結膜脱脂法と共に並行し、目元をはじめ、
顔の全般的な弾力の改善に効果的です。
経結膜脱脂法(脂肪再配置)+VOVリフティング
皮膚の再生/弾力改善/皮膚トーンの改善
特許を取ったモールディング方式の強力なリフティング効果を見せる
VOVリフティングはコラーゲンの分泌を増進させ、
皮膚トーンまで一層明るく完成させるため、
弾力改善や美白まで効果が得られます。

経結膜脱脂法(脂肪再配置)+MACSリフティング
半永久的効果/しわの改善/Vラインの効果
目の下のたるみの現象が発生したら、
顔の中顔面まで自然にたるみができるようになります。
強力なリフティング効果のMACSリフティングを並行して
顔の全体的なしわや弾力の改善ができ、
半永久的な効果で弾力が長く維持できます。
02. 目の下のくぼみ、色素の改善プログラム
目の下のくまが皮膚の色素沈着で現れた場合、
または目の下の脂肪量が足りない場合は単なる経結膜脱脂法(脂肪再配置)だけでは満足な効果は期待しにくいです。
ボリューム感や色素の改善のために並行すれば良い方法です。
経結膜脱脂法(脂肪再配置)+脂肪移植
自然なボリューム感/
くぼみ解決/童顔の目元の完成
目の下の脂肪が足りない場合には経結膜脱脂法(脂肪再配置)だけを
行うと寧ろくぼみが目立つ現象が起こります。
追加的な脂肪移植を通じてボリューム感のある、
いきいきとした目元の演出ができます。
経結膜脱脂法(脂肪再配置)+PRP移植
皮膚トーンの改善/高い生着率/イメージの改善
様々な原因で目の下の色素が沈着され、くまができた場合は単なる
経結膜脱脂法(脂肪再配置)だけでは改善が難しいため、
PRPを一緒に移植して目の下の色素を改善し、
明るい目元を作ることができます。
STの満足診療システム
相談から事後管理まで、徹底的なプログラムで患者様に最高の満足を提供します。
1:1専担システム
相談、手術、管理まで
個人に合わせた
手術を行います。
満足な結果
豊富な臨床経験を元に
満足できるような
結果を提供します。
安心ケア管理
院内に専門エステティックを
整えており、
早い回復を支援します。
専門医療陣
長年のノウハウで独自の
手術法を開発、
弛まぬ研究を通じて
最高の結果を提供します。
Before & After
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea