マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

180109「韓国経済」‘目の下の脂肪再配置、目の下のクマとさようなら’

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2018-03-27 13:31
閲覧数
175
多事多難だった2017年が過ぎ去って新しい1年が始まった。そして2018年も童顔ブームは続いている。
整形という特殊な分野においても流行の顔があるが、童顔ブームはその人気が高まっている。

その中、老け顔に見える原因にも関心が高まる傾向である。
悪影響を与える代表的な要素とは目の下のクマと言える。目の下の膨らみやくぼみなどは暗い印象、疲れた印象を与えてしまうのだ。
明るい目元であるこそより明るい印象、童顔になれるので目の下の悩みを改善できる効果的な方法としていつも目の下の脂肪再配置が取り上げられている。

ダブル膈膜強化の目の下の脂肪再配置方法は眼窩隔膜と内部の脂肪を再配置、固定をさせる方法で、
従来の目の下の脂肪再配置より再発率が低く、暗い印象から明るい心象を与える。

また、目元の様々な老化現象を改善させる手術としてもその効果が認められている。
目元のたるみが少ない場合にはレーザー脂肪再配置で皮膚を切らずに手術ができるため
目の下の脂肪再配置を考えてる年齢代も若くなっている傾向がある。

このように目の下の脂肪再配置は加齢による目の下に生じる色々な悩みを改善することができて、
ダウンタイムが短い、傷跡の恐れがないという長所がある。

しかし、手術方法が簡単そうに見えても目の下の悩み別、原因別に把握しなければならないのだ。
医療陣の医療陣の豊富な臨床経験とノーハウを慎重に検討してから手術を決めるべきである。

目の下の脂肪再配置手術の際、過度な脂肪を一部除去することもあるが、
脂肪を取りすぎてしまうとむしろくぼみやへこんだ目の下になる副作用をもたらす恐れがあるので
必ず医療陣の繊細さと解剖学的な知識に基づいてから行わなければならない手術である。

これに対してST美容整形外科を務めるキム・サンテ院長は‘今年も無分別な美容整形手術で副作用のケースも増えてるため病院選びは慎重に選ぶことを強調した。
安い費用や過大な広告につられて病院を選択しないように心がけて
必ず納得できるカウンセリングを受けてから慎重に病院を選択してこそより良い結果を得ることができる’と助言した。

(助言: 韓国ST美容整形外科 キム・サンテ院長)
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea