170105「デジタルタイムズ」老顔の主犯の部位‘目の下’の改善方法は? – 韓国ST美容整形外科 – くま治療専門
マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

170105「デジタルタイムズ」老顔の主犯の部位‘目の下’の改善方法は?

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2017-06-08 11:59
閲覧数
671


2017年にも童顔の顔をを求める人々は増えている。

毎年、新年を迎えると健康管理のためのダイエットや運動、もっと若くなるための美容整形手術を計画する人々でジムと美容整形外科などが人山を築く。年を取ることによって 健康のことが心配になり、増えていくしわが気になることは当然なことではないか。

特に多くの人が気になっているのは老化の症状である。見た目に見えない健康に比べて、肉眼で確認できる老化はもっと気になることである。老化の症状の中では皮膚の老化が最も目立つが、この中でも老化が一番早く訪れる部位は目の下と言っても過言ではない。他の部位に比べて皮膚が敏感で乾燥しやすい部位だからだ。

目元の皮膚の老化症状は大きくしわ、目の下のくま、くぼみなどを例を上げることができる。このような症状は実年齢よりも老けて見える印象になる恐れがあり、疲れて見えたり険しい印象を与える可能性が高く、多くの人が悩んでいる。

なおさら問題は、このような症状は2つの症状が同時に現れる複合的な老化現象のケースも多いということである。問題の接近方法さえ分かっていれば解決は意外と難しくない。老顔の主犯は目元の中でも目の下で、暗くて凹んだ目の下の問題点だけ解決してももっと若く見え、明るい印象に変わることができる。

複合的な目の下の老化問題の解決をしようと思っているなら、目の下の脂肪再配置を考慮してみるのはどうだろう。目の下の奥側の結膜部分を切開して目の下に溜まっている脂肪を再配置する手術である。目の下のくま・くぼみ・皮膚な弾力まで改善し、膨らんだりくぼんだりする目の下を平らに改善し、影ができた部分を無くす効果がある。

手術は結膜からアプローチして行われるため、見た目に見える傷跡がなく、手術時間も30分内外で短く、回復も早い方である。ただ、デリケートな目元を扱う難易度のある手術のため、手術する前に病院及び医療陣を慎重に選択した後、手術に対する十分なカウンセリングの過程がなければ満足できる結果を得ることは難しいだろう。

特に注意しなければならないのは手術時間が短い簡単な手術という考えを持って割引イベントや安い費用、誇大広告に惑わされ、あまり考えずに手術を決めることである。このように十分な点検なしに手術を決めて、受けた場合には手術後の満足度を保証できないのは勿論、副作用が起きた場合の対処も不明確なので必ずしも慎重にならなければならない。

(助言: 韓国ST美容整形外科 キム・サンテ院長)
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea