170110「デジタルタイムズ」目の整形副作用を防ぐためには自分に合う‘手術方法’を探さないと – 韓国ST美容整形外科 – くま治療専門
マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

170110「デジタルタイムズ」目の整形副作用を防ぐためには自分に合う‘手術方法’を探さないと

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2017-06-08 14:19
閲覧数
752


目は人の第一印象を決定する部位で、多様な目の整形の方法でイメージを変えることができ、多くの人々が受けている整形手術である。そのため、時代によって好まれるイメージが変化するように、目の整形もまた流行が変わるので、これを考慮しながら手術を進めることが望ましい。

以前には大きくてクッキリとした目、濃い二重まぶたでドラマチックな変化を求める傾向だったが、最近は手術していない目のようにナチュラルな目が好まれている。目の形態が生まれつきのように自然なのは言うまでもなく、傷跡も目立たないことを好むようになった。

このようなナチュラルな結果を得るためには、手術前に専門医との十分な相談を通じて自分に合う手術方法を探して進めなければならない。他の整形手術に比べて回復が早く、比較的に簡単な手術で大衆化され疎かに病院を選択するケースが多い。しかし、それほど再手術の事例も多いだけに必ず慎重に考えなければならない。

特に、最近は冬休み期間を用いて大学入学前に整形手術を受けようとする学生たちで門前市を成している。これらの大半は生涯初の整形手術を経験することになるだけに、病院は勿論、手術方法・事後管理システム等できるだけ多様な部分をチェックしなければならない。

手術は自然癒着、部分切開法、切開法など色々な方法で行われる。特定の方法が一括的に行われるわけではなく、個人の顔の形態や目の大きさ、肌の状態、まぶたの脂肪の量等によって整形外科専門医の診断の下に最も適合する方法に決められる。

これ以外にも皮膚の垂れの程度や厚さ、目の大きさよ顔の比率によって目頭・目尻切開や目つき矯正などの手術が必要だと判断された場合、並行することもできる。

このように目の整形は自分の顔の要素だけでなく全般的な雰囲気と比率を考慮して手術計画を立たないと満足できる結果を得ることはできない。目はまぶたの皮膚が薄く、繊細さを要求する部分なため、間違えた手術方法で手術を行う場合、再手術と心理的なストレスまで伴う恐れがあるので必ずしも慎重に病院を選択しなければならない。

また、カウンセリングの際には融通性のある姿勢を持つことが良い。特定の手術方法にこだわる場合、ややもすれば似合わない目になるおそれがある。また、自分の意思表示なしに専門医の意見だけを首肯する場合には理想の形とは全然違う結果になるおそれがある。そのため、自分が望むことを十分に説明した後、専門医の意見を収斂して手術の方向を導出することが望ましい。

とりわけ、注意しなければならないことは手術以外の部分に惑わされることである。目の整形を軽く思い、イベント価格や誇大広告に惑わされて、容易く考えて病院を決めて手術を行う場合、ともすると不満足な結果に遭うおそれがあるので十分な注意が必要である。
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea