170120「デジタルタイムズ」再手術を防ぐためには自分に合う目の整形法を探さないと – 韓国ST美容整形外科 – くま治療専門
マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

170120「デジタルタイムズ」再手術を防ぐためには自分に合う目の整形法を探さないと

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2017-06-12 14:06
閲覧数
709



最近には外貌が自己管理の一つになって多くの人々がより美しくなるための方法に気を使うようになった。これによって美しくなるための方法で美容整形手術に対する関心も高まっている傾向である。ただ女性だけに局限する言葉ではなく、老若男女を問わず、多くの人々が美容整形外科を訪れている。

その中にも特に、他人の関心が集中される部位であり、美容整形手術の中で最も多く行われている手術部位でもあるところは目である。目は人の第一印象を決めることに多くの影響を与える重要な部位なため、目の整形は他の整形に比べて多様な年齢層に行っている。

問題は、他の部位の整形に比べて施術の数が多いだけに副作用の事例もまた他の整形手術に比べて多いということである。目は部位の特性上、副作用が視覚的に目立つしか無いため、副作用が強い場合には再手術を受けるために病院を訪れる人々も決して少なくない。

このように再手術まで繋がるおそれがある副作用を防ぐためには慎重に接近しなければならない。全ての整形手術が同じことではあるが、目の整形は初手術が何よりも大切である。瞼は身体部位の中で最も薄い皮膚であり、構造も複雑なため慎重に接近しないと満足できる結果を得ることは難しい。

関連の専門医は“成功的な目の整形のためには顔立ちとの調和、比率を考慮しなければならない。どれだけ大きくて美しい目を作り出す手術といっても、それが自分の顔と調和していないと良い手術とは言えないだろう。自分に合わない手術方法もまた同じである。目が顔と調和を欠き、目だけ際立つ場合にも結果に満足できず、再手術を考慮する状況が生じてしまう”と述べた。

自然癒着、部分切開、切開、目つき矯正、マジック目頭切開、目尻切開など様々な方法で行うことができ、基本的に目の整形は最近、ナチュラルさが長所である自然癒着埋没法が一括的に行われることではないことを示す。個人の目の大きさ、皮膚の状態、瞼の脂肪量などによって適合する方法を選ばなければ最適の結果を得ることはできないだろう。

このような考慮なしに有名な手術法で話題になったり、特定な結果のために一つの手術法にこだわる場合には自分に似合わない目元になる可能性が高い。これは再手術に繋がるおそれがあるので、カウンセリングの際には融通性のある姿勢で専門医との十分な相談を経て手術の可否を決めることが望ましい。そうでなければ満足できる結果を得ることは難しいだろう。

何よりも警戒しなければならない姿勢は目の整形が他の整形手術に比べて簡単に思えてこれを軽く考えることである。大きな問題は起きないとの間違えた考えで、イベント価格や誇大広告に惑わされて病院を選択すると不満足な結果になるおそれがあるので必ず注意しながら慎重な選択をしなければならない。



(助言: ST美容整形外科 カン・ヒョンジュ院長)
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea