170310 「ムドゥン日報」目の下の脂肪再配置で目元の弾力まで改善 – 韓国ST美容整形外科 – くま治療専門
マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

170310 「ムドゥン日報」目の下の脂肪再配置で目元の弾力まで改善

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2017-07-05 18:15
閲覧数
830


私達の顔の部位の中で最も早く老化現象が始まる部位は皮膚が薄くて鋭敏な目元である。特に目の下のくぼみ、脂肪のふくらみ、シワのような現象は実年齢よりもっと老けて見え、肌の色もくすんでいるように見えるため、第一印象が良くないと言われるおそれがある。

このような目元の老化は、加齢によってできる自然的な現象だが、童顔の熱風が流行っているこの頃には心配事になっているのである。

様々な目の下の問題点を解決できる代表的な童顔整形は目の下の脂肪再配置である。どうしても目は人に臨む時に第一印象を判断し、イメージを左右している部分であるだけに、関心が高まるのも当然だが、目の下の脂肪再配置手術は比較的に短いダウンタイムと多様な効果を得ることができるとの長所がある。

目の下の脂肪再配置は基本的に目の下の問題であるクマ、シワ、ふくらみ、くぼみ等を解決するための手術である。目の下に膨らんでいる脂肪や、凹んだ部分に脂肪を再配置させ、固定する方法でイメージの改善に大きな効果がある。

また、目の下の脂肪再配置は多様な施術と手術など並行すればシナジー効果をもたらすことができる童顔整形である。一番簡単な方法ではデルモトキシンというスキンボトックスと共に施術すれば目元の弾力をあげ、より効果的なシワの改善ができる。

特に40代以降、ミドルエイジから老年層の場合には皮膚が弛んでいてより確実なシワの改善が必要だが、目の下の脂肪再配置手術と共に注射施術であるデルモトキシンを並行すれば負担なく目の下の問題点を解決することができる。

しかし、手術を計画していれば、病院の選択に慎重を期するべきである。効果的な童顔の目元を作り上げることが目的ではあるが、個人によって皮膚の弾力、脂肪の量、年齢などを考慮しなければならない。なお、ミドルエイジや老年層の場合にはもっときちんと健康の状態を確認して経験の豊富な専門医との十分な相談が進めなければならない。

韓国ST美容整形外科のキム・サンテ院長は目の下の場合には皮膚が薄くて敏感なだけあって難易度のある手術で、豊富な臨床経験とノウハウを持つ専門医・病院を選択することが副作用を減らして満足できる、そして安全な結果を得ることができると述べる。
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea