170322「デジタルタイムズ」目の下の脂肪再配置でクマの改善・童顔整形、同時に二つの効果を – 韓国ST美容整形外科 – くま治療専門
マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

170322「デジタルタイムズ」目の下の脂肪再配置でクマの改善・童顔整形、同時に二つの効果を

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2017-07-13 18:04
閲覧数
821


 過去の整形は綺麗な顔型、大きな目、高い鼻筋のような外見を変化させる方法が多く行われた。しかし、最近には実年齢より若く見える童顔整形が大きな注目を引いている。また、美しさを評価する要素に童顔の顔が入る時代になった。

 私たちは人との対面で一番先に見るのが目である。目元の皮膚は薄くて敏感な部位で、老化現象が最も早く訪れる部位であり、実年齢より老けて見える要素の中で一つは目元の老化である。

 最も目立つ老化現象は目元のしわ、目の下のくぼみ、ふくらみ等のような現象である。このような現象は主に40代の以降から自然的にできる現象であるが、最近には乱れた生活習慣、食習慣、睡眠不足、ストレスのような原因などによって20-30代の若年層もこのような目の下の悩みを持って病院を訪れる人々が増えている。

 しわ、目の下のくぼみ、膨らんだ目の下の脂肪などの問題点を解決するためには目の下の脂肪再配置手術がその方法である。

 目の下の脂肪再配置はよく目の下のクマ手術とも呼ばれる手術法で、膨らんだ目の下を平らに改善し、目の下にできた影を無くすことができる。目の下の奥の結膜部分を切開して目の下に溜まっている脂肪を再配置する方法で、この過程で涙袋を形成し、皮膚の弾力を回復させるため、目の下のくぼみ症状、クマまで改善できる。そのため、明るい印象になり、若く見える効果があって童顔整形とも呼ばれている。

 特に、皮膚のたるみ症状がない若年層の場合は、レーザー目の下の脂肪再配置で皮膚の切開をせずに手術が行われるため、傷跡の心配なく、比較的に短いダウンタイムで日常正解つの復帰が可能なため、人気がある。

 しかし、年齢別・原因別・個人の皮膚に状態によって手術の方法が大きく異なるため、経験の豊富な医療陣との十分な相談が必要な部分であり、結膜の奥から切開が行われる手術だけに、難易度は高い方である。それ故に、簡単な手術に思って選択することよりは、手術に対する十分な理解をしてから熟練された医療陣の正確な診断と手術が行われるようにしなければならない。

 レーザー目の下の脂肪再配置を簡単に思って、病院の誇大広告・安い費用だけを見て手術を決めるのは禁物である。脂肪再配置が均一にできなかった場合、目の下の皮膚が凸凹になったり、炎症ができる等の副作用のケースもあるが、この場合には再手術が必要となる。

 デリケートで複雑な目の下の構造を扱う目の下の脂肪再配置手術は解剖学的知識や長年の経験が必ず元になければならない部分で、手術前に病院の専門性を確認して安全な手術を受けなければ満足できる結果を期待することは難しいだろう。


(助言: 韓国ST美容整形外科 キム・サンテ院長)

 
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea