170227 「デジタルタイムズ」目の下の脂肪再配置、年齢によって異なる…本人に合う手術方法を選択しなければならない – 韓国ST美容整形外科 – くま治療専門
マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

170227 「デジタルタイムズ」目の下の脂肪再配置、年齢によって異なる…本人に合う手術方法を選択しなければならない

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2017-06-20 17:29
閲覧数
817


第一印象は記憶に長く残り、その以降の印象にも影響を与える。そのため、多くの人々が良い第一印象を作るために努力している。

では、良い第一印象を持つためには何をすれば良いのだろうか。色々な要素があると思うが、その中でも重要なことが目である。目は第一印象を決めるのに最も重要な役割を演じる。そのため、きれいでくっきりとした目元の持ち主なら、相手に良い印象を与える確率も高くなる。

逆に疲れて見えたり、憂鬱に見える目元を持っているなた、良くない第一印象を与えるおそれがある。だけでなく、疲れて見える印象・憂鬱に見える印象は実際に老けて見えたりする要素なため、面接やビジネスミーティング、お見合いなど重要な場を目前にしているならこれを改善して置くことが望ましい。

きれいでくっきりとした目元を害する最も大きな原因は膨らんだ目の下の脂肪と窪んで見える目袋の影である。一般的に目の下の脂肪は40-50代以降、年を取ることによって自然にできる老化現象だが、最近には間違えた生活習慣、ストレス、睡眠不足などで若年層でもこのような老化現象が現れる事例が増える傾向がある。

このように目の下の悩みはミドルエイジだけの悩みではなく、全年齢に現れる症状になった。しかし、解決法は全年齢が同じではない。20代とミドルエイジは皮膚状態、弾力、しわ等、老化の程度が全く異なるため、これを解決する方法にも差異がある。

基本的に目の下のくま、しわ、ふくらみ、くぼみを解決するための手術は目の下の脂肪再配置である。目の下に膨らんだ脂肪や窪んだ部分に脂肪を再配置させ、固定する方法でイメージの改善に大きな効果がある方法である。

しかし該当手術は年齢と皮膚の状態などによって適用されなければ効果を期待することは難しいだろう。若年層の場合、まだ皮膚の弾力が残っている状態なため、切開せずレーザーを通じて結膜から再配置を行う。そのため腫れが少なく、ダウンタイムが短いという長所があるが、ミドルエイジの場合には皮膚の弾力が下がっているため、皮膚切開方法がもっと効果的である。

目の下の脂肪再配置の関連専門医は"目の下の脂肪再配置は複雑な目の下の構造を扱う手術である。簡単な手術に思うのは禁物である。ややもすれば脂肪再配置が均等に行われなければ、目の下の皮膚が凸凹になったり、炎症がおきるおそれがある"、"このような副作用を防ぎながら完璧なイメージの改善を望むなら、手術諸般事項をきちんと確認する必要がある。"と述べる。

また、口コミを聞いたり、尻ありの手術結果を見て特定の手術方法だけにこだわることよちは、必ず専門医との十分な相談を通じて手術方法を決めることが望ましいと付け加えて述べた。個人によって年齢、皮膚弾力、目の模様、原因ごとに考慮しなければならないことが多いため、これを考えて手術を行わなければならないのである。

初手術の際、安全性の点検は再手術や副作用を予防し、手術の結果にも肯定的な影響を与える。誇大広告、安い費用だけを見て間違えた選択をすることよりは手術の経験が豊富な専門医との十分な相談後、手術を行うことが万が一の後悔を防ぐ方法である。


(助言: 韓国ST美容整形外科 キム・サンテ院長)
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea