170303 「デジタルタイムズ」ナチュラルな目の整形を望むなら、自分に似合う手術法の選択が優先 – 韓国ST美容整形外科 – くま治療専門
マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

170303 「デジタルタイムズ」ナチュラルな目の整形を望むなら、自分に似合う手術法の選択が優先

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2017-06-27 16:26
閲覧数
811


 大きくてスッキリとした目元になるための目の整形手術を考えているなら、自分に適合する手術法を選択することが何よりも大事である。

 整形手術の需要が続々と増加する傾向である。自分の年齢より若くみえること、またはもっと美しくなることは万人の目標だからである。整形手術は需要に従って発展しつつある。その種類もまた多様になっている。

 整形手術の中でも人気があるのは目の整形である。いわゆる‘二重まぶたの手術位はもう整形ではなく、施術に分類してもいい’と言われる程度に多くの人々が受けている整形手術であり、美容整形の大衆化を導いた整形手術でもある。

 このように人気が多い理由は目という部位の特殊性にある。目は顔の中で一番早く目が行く部位で、人の全体的なイメージは勿論、第一印象を決めることに大きな比重を占める。好印象になりたい場合、目に気を使うのは当然なことである。

 特に、アジア人の場合には一重まぶたに長い目元を持つケースが多く、目の整形に関心が高い。未だに綺麗な目の基準は大きくてスッキリとした目元が必須条件なため、これのためには手術的な助けが必須である。

 好印象の目元、すなわち、大きくて丸い目またはクッキリとした目元になるための整形方法は二重まぶたの手術が代表的である。埋没法、切開法、自然癒着法、部分切開とような方法で分類されているが、瞼の皮膚の厚さ、皮膚組織の弾力、脂肪の有無、眼瞼下垂、蒙古ひだ等、個人の身体的な特性に適合する診断を通じてマジック目頭切開、目尻切開などの拡大術を並行することもある。本人に合う診断で手術の計画を立てなければ手術後の満足できる効果を期待することは難しいだろう。

 目の整形方法を選択する時、美的に改善される効果と共にナチュラルな結果を作ることができる手術法なのかもチェックした方が良い。最近の流行りは単純に大きくて美しい目元を作ることではなく、生まれつきのようなナチュラルさを求めているからである。

 過去には切開法はわざとらしさのため、埋没法が好まれたこともあるが、最近には医術の発達でこのような心配するには及ばない。今は切開法で手術しても埋没法ほどナチュラルな目元になることができる。

 ナチュラルさを極大化するための方法で、組織の癒着を利用・目の動きによってナチュラルな二重まぶたのラインが形成される自然癒着二重まぶた法が大きな関心を集めている。しかし、全ての場合にこの方法を適用することはできず、該当の手術法だけにこだわるよりは身体的な特性、専門医の熟練度などを十分に考慮して選択することが望ましい。

 関連専門医は過去の目の整形は単純に二重まぶたが大事だったが、最近の流行りはナチュラルさを元に個人が持っている全体的な要素を考慮して美しくてナチュラルな目元を作ることが特徴であり、一つの方法にこだわらず自分の問題点を正確に把握して自分に合う方法を選択することが何よりも大事であると述べた。

 目の整形を計画して病院を探しているのならば、多様な成形方法を複合的に適用できる実力のある病院と専門医を探すことが核心である。それ故に安い費用や誇張広告などに惑わされて整形を決めないように注意しなければならない。


(助言: 韓国ST美容整形外科 カン・ヒョンジュ院長)
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea