171205「デジタルタイムズ」‘自然癒着埋没法、受験後その人気を実感する。’ – 韓国ST美容整形外科 – くま治療専門
マスコミ
メディアでも認定したSTの優れた技術力
マスコミ

171205「デジタルタイムズ」‘自然癒着埋没法、受験後その人気を実感する。’

投稿者
stpsjapanadmin
投稿日
2018-03-27 11:34
閲覧数
697
大学入学試験が無事に終わって成績発表を控えてる受験生たちがイメージ改善のため整形外科に足を運んでいる。
目は形や大きさによって第一印象を決める顔のパーツであるため、イメージを左右する重要な役割をする。
そのために大学入学を控えて、イメージ変化を希望してる受験生たちの二重まぶたの手術に対する問い合わせが増えている。

手術方法としては、埋没法、部分切開法、全切開法、目つき矯正、目頭・目尻切開などの手術方法があるが、
最近は自然癒着埋没法という手術方法に関心を寄せている人が多い。

自然癒着法は皮膚を切らずに皮膚と組織の自然な癒着でナチュラルな二重のラインを作る方法だ。
切開法は避けたい、自然な二重ラインがほしい、あるいはまぶたの皮膚が薄い、手術後の傷跡や回復が心配という場合、微細な穴をあけて手術が行われるため
脂肪除去や目つき矯正、目頭・目尻切開などの手術が同時にできるというメリットがある。
また手術時間も30分前後と短く、回復が早いため目の整形を考えている人にとって良い方法だ。
さらに、1~2回の来院でも十分な治療が施行されるために煩わしくもない方法だ。

このように自然癒着法は多くの人から好評だが、個々の目の長短所を正確に専門医療陣に診断を受けてから手術が行われなければならないために
手術前、専門医の豊富な臨床経験と病院の専門性を考えた上、決める必要がある。

(助言: 韓国ST美容整形外科 カン・ヒョンジュ院長)
診療案内
平 日 AM 10:00 ~ PM07:00
土曜日 AM 10:00 ~ PM04:00
電話相談
+82)10.2019.0015
ライン相談ID
@stpskorea